参照:BLOGOS-高齢社会

高齢社会

北欧の先進国に寝たきり老人はほぼいない - PRESIDENT Online (水, 04 7月 2018)
プレジデント誌の好評連載「悩み事の出口」。ライフネット生命の創業者で、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんが、読者の悩みに答えます。今回のお題は「定年後に打ち込めることがなさそう」。出口さんは「一生働き続けて」といいます――。■Q:定年後、仕事以上に打ち込めることがなさそうです定年のない仕事を探してみるのはどうでしょう。ちなみにライフネット生命には定年がありません。最近は一生働くために、50代...全文読む
>> 続きを読む

親がひきこもり"8050問題"で死なない道 - PRESIDENT Online (土, 16 6月 2018)
ひきこもりの長期化、高年齢化が社会問題になっている。中でも深刻なのが、80代の親が50代のひきこもりの子を支える「8050問題」だ。ひきこもり家庭の家計相談に応じるファイナンシャルプランナーの村井英一氏は「親が自分たちの死後も子供が生きていける経済的な環境を整えるだけでなく、衣食住の基本的な方法を早くから教えておくべき」という。人生を「子供の世話」で終わらせないための方法とは――。■親80代子50...全文読む
>> 続きを読む

【人生100年時代】賃貸と持ち家、結局どっちが正解なのか 勝間和代と杉村太蔵がバトル - キャリコネニュース (水, 06 6月 2018)
持ち家か賃貸か、いったいどちらがベストなのか。6月5日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でも議論になっていた。元衆議院議員の杉村太蔵さんが「持ち家」の必要性を力説すると、経済評論家の勝間和代さんが「考え方が伝統的すぎる」と否定する場面も。杉村さんの考えでは、人生100年といわれる時代、やはり歳を取って持ち家がないのはつらい。「何があっても出ていかなくていい、終(つい)の棲家」の必要性を...全文読む
>> 続きを読む

"人生100年も生きたくない"はワガママか - PRESIDENT Online (水, 06 6月 2018)
まもなく「人生100年時代」がやってくる。だが、それは無批判に歓迎すべきことなのだろうか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「100歳以上が100万人を超えるというのは度が過ぎている。生きることは尊いことだが、『100年も生きたくない』『さっさと死にたい』と考えることも、一方で認められてもよいのではないか」という――。■100年も生きたくない「人生100年時代」が始まろうとしているのだという。国...全文読む
>> 続きを読む

なぜ日本は「少子高齢化」に目を背ける? 老いぼれ国家に若者が殺される現実=鈴木傾城 - MONEY VOICE (木, 31 5月 2018)
日本企業も日本人も、次の時代に背を向けているようにしか思えない。このまま高齢化社会にとって居心地のよい現状維持が続けば、やがて日本は衰退するだろう。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城)※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家...全文読む
>> 続きを読む