参照:BLOGOS-高齢社会

高齢社会

定年後"再雇用or再就職"どっちが得か? - PRESIDENT Online (水, 16 5月 2018)
大切な老後資金を守り、増やすためにはどうすればいいのか。「プレジデント」(2018年4月2日号)では、だれもが直面する「悩ましすぎる10大テーマ」について、Q&A形式で識者に聞いた。第2回は「定年後も働くなら、再雇用か、再就職か」――。■定年後の再雇用、給料は定年前の6~7割程度 60歳の定年後も希望者全員を雇用する「高年齢者雇用安定法の改正」が2013年4月に施行され、もうすぐ5年が経つ。高齢者...全文読む
>> 続きを読む

富士急ハイランドの「入場料無料」の施策は、来たる超高齢化時代のナイス選択である - 永江一石 (木, 10 5月 2018)
[画像をブログで見る]富士急ハイランドの入場料大人1500円が無料になるというニュースが飛び回っていましたが、見る限り一番のオバカ系はこれでした。富士急ハイランド、入園無料化に意外な事実。絶叫マシンは2倍以上の値上げ検討入場料無料になるからといって、富士急ハイランドのアトラクションを、無料で楽しめるようになるわけではない。早とちりは禁物だ。どこをどう叩いたらそんな考えが浮かんでくるのか、正座させて...全文読む
>> 続きを読む

定年後の「孤立」リスクー求められる現役時代の「個立」ー - 土堤内 昭雄 - ニッセイ基礎研究所 (水, 09 5月 2018)
定年後の3大リスクは、「お金」、「健康」、「孤立」ではないだろうか。高齢期の暮らしを支えるために経済面では年金制度が、健康面では医療・介護保険制度がある。もちろんそれで十分とは言わないが、3つ目の「孤立」に関しては支援する社会制度がほとんどないのが現状だ。定年後も社会とのつながりを保ち、社会的に孤立しないためにはどうすればよいのだろうか。誰もが永遠に生きられるわけではない。しかし、死後数週間も発見...全文読む
>> 続きを読む

僧侶の超高齢化に伴う様々なトラブル、回避する方法はあるか - NEWSポストセブン (土, 21 4月 2018)
【高齢住職は今後も増え続けるはず】 住職の高齢化が大きな問題となっている。日本最大の寺院数を誇る曹洞宗が2015年に行なった「曹洞宗 宗勢総合調査」によれば、60歳以上の住職は全体の53%を占め、10年前から9%アップ。男性住職を見ると、70歳以上はいまや約25%を占めている。 高齢住職の中には、読経途中で居眠りをしたり、足腰の衰えから斎場に入る途中で転倒したり……。認知症の住職が葬儀や納骨日、月...全文読む
>> 続きを読む

この国をどうしたいのか真剣に考える時が来た… - 劇作家・朝倉薫 - 文化通信特報版 (金, 06 4月 2018)
最近、季節の変わり方が強烈過ぎないか? 東京で氷点下になって大騒ぎしていたら、4月になった途端24度!体調がおかしくなって当たり前だね。「負のスパイラル」に陥る日本を誰も見ないふりところで、テレビ界の大御所ビートたけしの事務所独立がワイドショーやスポーツ新聞を賑わせているけど、大物になると大変だね。総理の発言なら国の命運を左右する大問題だが、少し変だな。と、思っていたら弟子たちがワイワイ言って、こ...全文読む
>> 続きを読む