参照:BLOGOS-高齢社会

高齢社会

キャッシュレス地域経済こそ高齢者・社会的弱者、そして商店街のためになる - おときた駿(東京都議会議員/北区選出) (金, 18 1月 2019)
こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。今夜は北区の商店街連合会の新年会等でした。区長や国会議員の来賓スピーチでは「プレミアム付き地域商品券」や、増税に伴って行われる「ポイント還元」の話などについて言及がありました。そこで改めて思ったのが、キャッシュレス経済の可能性について。消費増税の際、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を行うと、消費者にポイントが還元される政策が議論されていま...全文読む
>> 続きを読む

個人の金融資産の活用 教育、結婚・子育て資金の一括贈与の非課税化2年間延長  - 赤池 まさあき (Sun, 06 Jan 2019)
「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。今年7月の参院選に向けて、自民党から公認を頂き、国家国民のために全身全霊を尽くす所存です。●景気動向は 1月4日(金)、仕事始めとなりました。私は東京で経済団体の新年会に出席して、経済人の方々と意見交換をさせて頂きました。 米中貿易戦争の影響もあり、今年世界経済は減速傾向だと言わ...全文読む
>> 続きを読む

高齢化対策と若き医療者の成長 福島からの発信 - NEXT MEDIA "Japan In-depth" (Sun, 04 Nov 2018)
上昌広(医療ガバナンス研究所 理事長)【まとめ】・地方でケア施設は大きな雇用先、若い医療関係者の経験の場。・彼らの活躍に、地域に根付く「プロデューサー」の存在不可欠。・「廃校がケア施設に」論文は意義あり。情報発信が重要。【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indept...全文読む
>> 続きを読む

ポール・マッカートニー来日で考えた「着座ロック」のススメ - 常見陽平 (Thu, 01 Nov 2018)
東京ドームでポール・マッカートニーの来日公演を見た。彼の来日公演に行くのはこれで4回目。2013年、2015年、2017年に見ている。ポールに限らず、外タレの大御所の来日公演は「集金ツアー」「これで最後かも詐欺」などと揶揄されるが、観たいのだからしょうがない。当日券も出ていたし、2015年のように見切れ席の販売などはなかったものの、超満員と言ってよい入りだろう。高齢者多めだなと感じたものの、老若男...全文読む
>> 続きを読む

夫が死ぬと妻の年金はどれくらい減るのか 共働き夫・自営夫が先に逝くと激減 - PRESIDENT Online (Fri, 12 Oct 2018)
「夫が亡くなると私の年金はどうなるのでしょうか」。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝氏は、60代以上の女性からこうした相談を受けることが増えているという。井戸氏によると、夫が亡くなった多くの世帯では、年金収入が半分から6割程度に減ってしまう。収入減の影響は深刻だ。今からできる「3つの対策」を教えよう――。※本稿は、井戸美枝『届け出だけでもらえるお金 大図解』(プレジデント社)の一部を再編集したも...全文読む
>> 続きを読む