参照:BLOGOS-高齢社会

高齢社会

高齢化対策と若き医療者の成長 福島からの発信 - NEXT MEDIA "Japan In-depth" (日, 04 11月 2018)
上昌広(医療ガバナンス研究所 理事長)【まとめ】・地方でケア施設は大きな雇用先、若い医療関係者の経験の場。・彼らの活躍に、地域に根付く「プロデューサー」の存在不可欠。・「廃校がケア施設に」論文は意義あり。情報発信が重要。【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indept...全文読む
>> 続きを読む

ポール・マッカートニー来日で考えた「着座ロック」のススメ - 常見陽平 (Thu, 01 Nov 2018)
東京ドームでポール・マッカートニーの来日公演を見た。彼の来日公演に行くのはこれで4回目。2013年、2015年、2017年に見ている。ポールに限らず、外タレの大御所の来日公演は「集金ツアー」「これで最後かも詐欺」などと揶揄されるが、観たいのだからしょうがない。当日券も出ていたし、2015年のように見切れ席の販売などはなかったものの、超満員と言ってよい入りだろう。高齢者多めだなと感じたものの、老若男...全文読む
>> 続きを読む

夫が死ぬと妻の年金はどれくらい減るのか 共働き夫・自営夫が先に逝くと激減 - PRESIDENT Online (Fri, 12 Oct 2018)
「夫が亡くなると私の年金はどうなるのでしょうか」。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝氏は、60代以上の女性からこうした相談を受けることが増えているという。井戸氏によると、夫が亡くなった多くの世帯では、年金収入が半分から6割程度に減ってしまう。収入減の影響は深刻だ。今からできる「3つの対策」を教えよう――。※本稿は、井戸美枝『届け出だけでもらえるお金 大図解』(プレジデント社)の一部を再編集したも...全文読む
>> 続きを読む

人生100年になると、時間は「2倍」に増える - 内藤忍 (Wed, 17 Oct 2018)
「人生100年時代」という言葉を頻繁に聞くようになりました。実は本日20時から開催する「松本大×内藤忍 ~人生100年時代の個人投資家の資産運用~」も資産設計を寿命の伸びと共にどう対応させていくべきかについてがテーマの1つになっています。80年の寿命が100年に伸びるというのは、人生が1.25倍になるということではありません。リタイアするのが60歳としても、リタイア後の人生が20年だったのが40年...全文読む
>> 続きを読む

「介護サービス使いすぎ?をチェック」←川崎市は頑張ってます - 中田宏 (Wed, 17 Oct 2018)
「高齢社会だから財政が厳しい」とよく聞きますが、その要素の一つは「介護」でしょう。介護保険財政も年々、厳しくなるなか、政府もその支出を抑制するための見直しを進めています。介護サービスを受けるためには、住んでいる市区町村の窓口で申請して介護度認定を受け、その要介護度に応じてケアマネージャーがケアをしていくサービスを決め、そのケアプランで”生活援助”の内容や頻度が決まります。一人暮らしのお年寄りにとっ...全文読む
>> 続きを読む