参照:BLOGOS-高齢社会

高齢社会

地方に急増「買物弱者」の現状 見守りサービスと一体化の新たな取り組み - THE PAGE (金, 06 10月 2017)
写真はイメージ、提供:ペイレスイメージズ/アフロ  少子高齢化や人口減少、流通機能&交通網の弱体化などにより、地方の高齢者が日常の生活用品の購入などにも困難をきたす「買物弱者(=買物難民)」への対策が大きな社会問題となっている。 郊外型ショッピングモールの隆盛で地元密着型の小売店が衰退  現在、地方で...全文読む
>> 続きを読む

根拠なし"長生きしないから大丈夫"のワナ - PRESIDENT Online (木, 31 8月 2017)
(プレジデント編集部)これから日本には誰も経験したことがない「超高齢化」が訪れる。そのときどんな変化が起きるのか。これまでの歴史を振り返りながら、「衰退期」に向けた家計の備え方を解説する。第4回は「資産運用」。「長生きしないから大丈夫」という甘い見通しでは、痛い目にあうことになる(全6回)──。■日本人は「預貯金に頼りすぎ」国の「社会保障給付費」は100兆円を超え、今後さらに増え続けることが見込ま...全文読む
>> 続きを読む

総労働人口の1割に達した65歳以上の就労者。引退後を年金と貯蓄/投資だけで乗り切るという思考法は捨てるべき。 - 後藤百合子 (木, 31 8月 2017)
■アメリカでも深刻化する引退後の「下流老人」化現象地方自治体がより容易に個人年金などを運用できるようにする米下院67号議決にトランプ大統領が先週署名したことを受け、「アメリカの平均世帯の引退時貯蓄は12,000ドル(約130万円)」というショッキングな見出しの記事がThe Economistのウェブサイトに掲載されました。記事中では「もっと節約して投資に回すべきだ」というノーベル賞受賞学者の説も紹...全文読む
>> 続きを読む

「高齢者ほど金持ち」という不都合な現実 - PRESIDENT Online (月, 28 8月 2017)
(プレジデント編集部)これから日本には誰も経験したことがない「超高齢化」が訪れる。そのときどんな変化が起きるのか。歴史を振り返りながら、「衰退期」に向けた家計の備え方を解説する。第1回は「給与」。世帯収入は下がり続けている。子育て世代の「苦しさ」が増す一方で、高齢者世帯の過半数は年金頼み。今後われわれの生活はどうなるのか――(全6回)。 ■「苦しい」が7割近く、子育て世代の負担感日本人は貧しくなっ...全文読む
>> 続きを読む

高齢者区分が「75歳以上」なら90歳まで医療費は3割負担 - NEWSポストセブン (土, 19 8月 2017)
【政府は高齢者の負担を増やそうとしている】 政府は政策で「1億総活躍社会」「生涯現役社会」「健康長寿社会」などのキーワードを打ち出しているが、その真意は高齢者を働かせ、なるべく年金を払わないようにするということだ。 政府に「高齢者は働け」と主張させる“理論的根拠”を与えたのが、日本老年学会と日本老年医学会のワーキンググループが今年1月にまとめた提言だ。 65歳以上を高齢者と定めた従来の定義を「医学...全文読む
>> 続きを読む